けん引免許について

茶色の車けん引免許とは、その名の通り車で「けん引」する際に必要となる免許のことを言います。つまり、荷物を載せたトレーラー等を連結させ、トラック等を運転する場合に必須となるプロの免許とも言えますが、このけん引免許を持っていると、自走しない車両総重量が750kgを超える車をけん引することが可能です。他にもタンクローリー車、ダンプトレーラー、キャリアカー等があります。運送会社にお努めの場合、運転できる車の種類が増えることによって、転職やキャリアアップができ、仕事の幅も広げることができます。

通常の教習所でももちろん受講はできますが、教習の車両に限りがあり、予約がとれにくく、講習を終えるのに時間がかかってしまう場合も少なくありません。その点、合宿免許であれば、申し込んだ後は組まれたカリキュラムに沿って講習を受ければ良いだけなので、効率的に免許をとることが可能で、面倒な予約や手間、時間を費やす必要はありません。普通・中型・大型免許をお持ちの場合、けん引免許だけなら約一週間と短期間でとることができ、大変お得です。また、大型とけん引を一緒にとるプラン等も用意されていますので、自分に合った合宿免許を探すようにしましょう。